石井農園の歴史

home >> 石井農園の歴史

初代石井喬治が当時宿場町として栄えていた戸塚で植木屋を 営んでいた親戚の植藤で修行後、昭和4年に当地にて創業する。

当初は近隣の地主の庭を作庭・管理しながら地堀として庭木を 仕立て主に近隣や東京方面の業者に卸をしていました。

終戦後の昭和20年代後半からは庭木の需要も増え二代目の重治が 加わり生産を拡大し、庭木だけではなく芝・庭石・灯篭なども 扱い地元横浜・湘南・横須賀などの業者にご利用いただいて 参りました。又、農協の植木部や神奈川県造園業協会の役員も 歴任し業界にも貢献してまいりました。

昭和58年には三代目の新次も参加し、売店で小売りも手がけ ましたが、都合により平成12年には売店をやめ作庭・管理と庭木 の生産販売を行っています。

今後は次世代の後継者の目途もつきより生産から作庭・管理まで を一貫してお客様と長いお付き合いをさせていただけるよう 精進していきます。

ページトップへ